日本の二極化!(〜あなたはどっち派ですか?)

こんにちは、shimoです😁

 

僕はたまにふと思ったことをスマホで検索することがあります。

 

今回僕が検索した内容は『変化を嫌う日本人』っという検索ワード。

 

ちなみにこの検索ワードに至ったのは、会社で仕事を辞めたいというキーワードが出たからです。

 

その人は転職をしようと悩んでいた感じです。

 

僕は仕事をすること自体が嫌になっているので、転職という考えすらありませんw

 

それでも、環境を変えることは悪いことではないので賛否的には大いに賛成です!

 

でも、その人は『新しいところで人間関係を一から作るのは大変だもんなー』っと言われてました。

 

今の職場や仕事が嫌なのであれば、環境を変えるしかないですよね。

 

なのに、人間関係を一から構築しないといけないからという理由で諦めるのはどうなんでしょう。

 

僕にはあまり理解できないことだったので、携帯で検索してみたという流れですw

 

調べてみると、面白いことが書いてありましたよ。

 

まず、日本人は変化を嫌う人種だそうです。

 

その原因は終身雇用制だそうです。

 

確かに、僕も今までに色々なことにチャレンジをして来たのですが、ほとんどの人が『思いきったねー』とか『チャレンジだなー』って反応だったのを覚えています。

 

もちろん、今参加している自由万歳案件JAもですw

 

なので、日本人は変わることをリスクと考える人が多いと言われています。

 

その一方、海外では変化することをリスクと考える少ないようです。

 

お国柄で多少は違ってくるところもあるかもしれませんが、日本ほど変化にリスクを感じていないようです。

 

海外では変化は当たり前。

 

日本と違って転職することによる「リスク」的なものはなく、逆にスキルとして評価される国もたくさんあるそうです。

 

これらの点を比べると、日本って本当にチャレンジをすることに障害が多いように感じますね。

 

これはあくまで僕の個人的な意見ですが、変化を嫌う国だからこそ日本経済の成長を妨げの原因になっていると考えてもおかしくないのでは・・・。

 

そして、今の日本は二極化が進んでいるとも入れています。

 

ちなみに、あなたは以下のどちらに該当しますか?

 

 

 

  • 変化を避け、従来の生き方にしがみついている人たち

 

 

 

  • 従来に限界を見出して、どんどん変化を求めていく人たち

 

 

 

僕は今まで後者の方を選択してきました。

 

変化を求めるということはその分たくさんの苦労もあったのですが、それも含めていい経験をしたと今では思っています。

 

そして今まで色々な挑戦をしてきたからわかったことがあります。

 

 

 

 

 

 

日本の働き方だと自分が理想とする生活は難しいと・・・。

 

 

 

 

 

 

今流行りの老後2000万円問題とか格差社会とか・・・。

 

国からこんなに無責任なことを言われても、未だに危機感を感じていない人がたくさんいます。

 

ふーーーーんってただ聞いている人はやばいですよ!

 

でも、今から準備をしておくことでそうなった時に回避することだってできます。

 

その準備というのが、収入の柱を増やしておくことです!

 

資産構築をしておくことです!

 

 

やり方がわからない?

 

ならどんどん僕に聞いてきてください!

 

怪しいと思っているのならどうぞスルーしてください!!

 

でも、少しでも危機感を感じられたのなら喜んで僕の知っていることをお伝えしますので☺️

 

「資産構築」の詳細を知りたい方はまずLINE公式アカウントにて私、下田好孝こと「shimo」と繋がってください。

 

繋がったら

 

教えて

 

とだけコメントを入れてください。

(「教えてください」とか「お願いします」などでは対応出来ませんのでご注意を)

 

では、LINE公式アプリ からどうぞ。

 

ここでは流せない情報をこちらで流しています。

⇩⇩⇩

shimoと繋がるWowApp

 

キラキラ有益情報はセキュリティーで優れている「WowApp」を使用しています。 (無料で登録です)キラキラ

 

LINEオープンチャット

 

ビックリマークビックリマークビックリマーク只今期間限定ビックリマークビックリマークビックリマーク ビックリマークビックリマークビックリマーク無料プレゼント中ビックリマークビックリマークビックリマーク

 

サルでもわかる暗号資産構築法

 

ニコニコ紹介者  下田好孝 ニコニコ と記入してください

 

何かの縁でこのブログを読んだ方たちに本当の安心を掴んで欲しいと心から願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です