「世の中のアホどもに捧ぐ」のアウトプット

2020年5月4日の「世の中のアホどもに捧ぐ」についてのアウトプットです。

 

ESBIクワドラントという概念を学んでいない自分を想像するだけでゾッとします。

 

上昇学で勉強させてもらったおかげでわかったのが

 

 

・仕事をするのではなく志事をする

・お金より時間の方が大事

 

 

そして、『働いたら負け』という考え方。

 

今はまさにそうだと日々感じています。

 

最初は理解できなかった言葉ですが、徐々にわかるようになっていった自分に気づかされました。

 

そしてわからなかった理由は『仕事』をしている自分自身について真剣考えていなかったから。

 

あとお金より時間が大事と言う考え方は、人間の尊さをわかっていなかったのもそうだと思います。

 

人の価値が1時間で1000円なんて本当にありえません!

 

でもそれは今の日本が労働をして収入を得る、自分の大切な時間を売ってその対価として報酬をもらう。

 

このことがあまりにも当たり前になっているからこそそこに自分が疑問を持てなかったのだと思います。

 

会社に使えれば考える時間も少なくなってしまう、これが世の中のシステム。

 

だからこそ働いたら負け!

 

その時間を使って自分の人生を真剣に考える。

 

ESクワドラントにいたのであれば、どうやったら右側のBIクワドランドに行けるかを真剣に傾倒して考える。

 

これが重要だと改めて考えさせられました。

 

今はESBIクワドラントの右側にかろうじて立てている状態。

 

これから先のことを今まで以上に真剣に傾倒にながら右側の住民になっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です