仕組みを変える!

こんにちは、shimoです!😁

 

毎日上昇学NDTで学ばせてもらってどんどんパワーアップしています。

 

こんなに勉強したことはないので、最後の方は頭から湯気が出てきそうでもありますが🤣

 

 

『働いたら負け!』

 

この言葉を何度かブログでお伝えしたことがありますが、実際のところ100%そうとは言い切れないかもしれません。

 

だって捉え方は人それぞれだし中には仕事が大好きって方もいますから。

 

好きなことをしたり、やりたいことよりも仕事の方をしたい!という人はどんどん仕事をされたらいいと思います。

 

でも、仕事をするためには人間平等に与えられた24時間という時間を使うことになるので、自由に過ごせる時間がどんどんなくなってしまいます。

 

私は仕事をするために生まれてきたのではないですし、出来るなら一生涯に自分が願う全てのことをやってみたいと思います。

 

でもそれにはお金も必要になってきます。

 

もっと言えば、生きていくためにもお金は必要になってきます。

 

だからこそみんな一生懸命仕事をするわけですよね。

 

サラリーマンなど会社に雇われた従業員として毎日遅くまで残業をしたり、休日出勤をしたり。

 

または、個人オーナーとして毎日朝から晩まで一生懸命働いたり・・・。

 

収入を上げて自分の夢を叶えるために一生懸命働いていますよね。

 

でも、この働き方だといくら収益が上がったとしても自分の夢を叶えることは難しいんです。

 

働き方、正確には収入の得方には仕組みがあります。

 

では、なぜ私がこれを伝えることができたのか?

 

それは、つい5ヶ月前までこの仕組みを知らずに生活を送っていたからです。

 

そしてそれに気づいたからなんです。

 

私はこれまで職を変えることが多く、22歳から働き始めて今の34歳になるまでの12年間で6回転職をしてきました。

 

ざっと振り返ってくるとこのような感じです。

 

 

新卒でパチンコ屋に就職するが、自分の理想の世界と違いすぎて1年未満で退職。

 

 

やりたいことがなかったので、実家から通える会社に就職。

特に大きな目標もなくダラダラ続けた結果6年が経過し焦りを感じる。

 

 

高校時代の恩師からの誘いで、ガンボジアで焼肉店を一緒に経営するも、一年持たずに潰れてしまう。

 

 

また高校の先輩に誘われ、トレーニングジムの責任者をさせられながら他にも複数の仕事を手伝わされる。

平均睡眠時間が3時間ほどで3度居眠り運転で死にかけ、その生活から脱出するために広島に逃げ帰る。

 

 

自分の進みたい人生がわからなくなり、とりあえず会社に就職。

本業をしながら収入を上げるために副業も行いましたが、頑張っても月に10万も稼げず・・・。

1年半勤めてこのままではいけないと思い、専門分野を養うことが出来る会社に転職。

 

 

朝早くから夜遅くまで残業しつつ、たまに休日出勤をしつつ仕事を続けながらこのままの人生でいいのかという気持ちを押し殺し働き続ける。

安月給で仕事ばかりしていたところに不労所得の話が友人から耳にする。

 

 

私はつい5ヶ月前まではこのような人生を送っていました。

 

そこから不労所得と働き方の仕組み知り、現在のお金も時間も気にすることのない自由な生活を手にすることができたんです。

 

でもそれを実現するためにやったことは、決して難しいことではありません。

 

 

ただ仕組みを変えただけです!

 

 

それだけで生活、人生を変えることだって出来るんです。

 

決断さえすれば誰だってすぐに仕組みを変えることは出来るんです!

 

仕組みを変える方法を知りたい方は、下の画像かQRコードを読み取って私までご連絡をください。

 

億万長者のお金に対する考え方や大富豪が実際に衝撃を受けた投資案件、人生を豊かに過ごすための方法などを知りたい方はWowappで私、下田好孝と繋がってください。

Wowappではここでは流せない情報を知ることができます(金銭的に豊かになる情報を流しています)

 

繋がったら「プレゼントが欲しい」とメッセージ下さい

セキュリティ上Wowappの方がおすすめです。

 

普段からLINEを使っている方は下から登録してください。グループチャットにご招待いたします。

※ただし、LINEはセキュリティ上、重要な情報交換には不向きなので、Wowappがおススメです。

友だち追加

何かの縁でこのブログを読んだ方たちに本当の安心を掴んで欲しいと心から願っています✨✨✨

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です